アラフォーおじさんのゲーム備忘録

ゲーム大好きだけど物忘れが激しいおじさんのゲーム備忘録です。

 本サイトはプロモーションが含まれています

【MHWIB】アイスボーン序盤の最難関「トビカガチ亜種」!使用率ワースト2位のランスで攻略!毒耐性の有無で難易度が激変する?【モンハンアイスボーン】

 本ページはプロモーションが含まれています

みなさん、こんにちは。アラおじです。

テイルズオブアライズにたくさんの不満を持ちながらも、ストーリーが気になってちょこちょこ進めてしまい、気になって夜しか眠れていません。過去に「シリーズ最高傑作!」と紹介している方が大勢いましたが、グラフィック面では確かにシリーズ最高でしょうが、ゲーム性は???が浮かんでしまいます。

いいゲームだとは思うし、面白いとは思いますが・・・まぁ、感覚は人それぞれなので、あまり深くは追求しないでおきます。シリーズをそれなりにやってきたアラおじが好きなのは「テイルズオブグレイセス」!次点で「テイルズオブヴェスペリア」かな?これら2つはかなり人気が高い作品だと思いますが、それなりの理由があると思っています。

もうちょっと落ち着いてきたら、テイルズ語りでもしようかなと思っております。

さて、今回はモンハンアイスボーンのストーリー攻略の続きをお話していきたいと思います。例によって、You Tubeの方にも動画をアップしていますので、そちらもご覧いただけると幸いです。

youtu.be

トビカガチ亜種とはどんなモンスター?

トビカガチ亜種

ワールドの序盤で狩猟した「トビカガチ」の色違いモンスター「トビカガチ亜種」。原種は素早い動きでハンターを翻弄し、時折帯びる雷属性で気絶しやすくしてくるモンスターでした。亜種は雷属性を使うことはありませんが、その代わりに毒&猛毒・麻痺の状態異常を引っ提げて登場してきました。

毒はまだ耐性がなくても何とかなりますが、猛毒は毒よりも早く体力が減っていき、放置しておくとあっという間にピンチに陥ります。回復薬グレートを使ってもそこそこ減った状態までしか回復できないので、解毒薬or漢方薬ですぐに治したほうがいいでしょう。

トビカガチ亜種の攻撃方法

トビカガチ亜種

トビカガチ亜種の主な攻撃は、噛みつき・針飛ばし・尻尾ブンブン・滑空からの尻尾ビターンなど。先程毒or猛毒・麻痺攻撃をしてくると紹介しましたが、毒or猛毒は尻尾を使った攻撃、麻痺は噛みつきを喰らうと発症します。

原種とモーションがあまり変わっていないので、ワールドである程度トビカガチと戦っていればそれほど苦戦する相手ではないかもしれません。しかし、猛毒を喰らうとその評価は一変します。とにかく体力が減るスピードが早いので、猛毒中に気絶・麻痺になるとほぼキャンプへまっしぐら!いかに猛毒を喰らわないように立ち回るかで評価が変わる珍しいモンスターです。

トビカガチ亜種を比較的簡単に狩猟するには?

トビカガチ亜種戦でキツイのは「猛毒」だけ!尻尾を使った攻撃を喰らわないように立ち回ればいいだけですが、TA勢やプロハンと違い、全員が全員うまく立ち回れるわけではないですよね。

そこで、少しでも楽に立ち回りたいなら「毒耐性」をレベル3まで上げて毒を無効にしましょう。毒耐性をレベル3まで上げれば尻尾攻撃をどれだけ喰らっても毒or猛毒にならないので、心配事が減って戦いやすくなります。

次点で麻痺耐性も付けておくと、恐れるものはほぼなくなりますが、毒よりも頻度が少ないため、そちらはお好みでといった感じでしょうか?マスターランク序盤は火力が少なくても10分程度で終われるので、火力よりも生存スキルに振っておくのがおすすめです。

マスターランク序盤で毒耐性持ちの防具

装飾品が揃っている人なら装飾品で付けるのもOKです。護石で対応したい方もそれでいいならOKです。しかし、なるべく防具で発動させたいという方は、以下の防具を検討してみてください。たぶん、トビカガチ亜種に行くまでに作れるはずです。

  • EXアロイコイルα・β
  • EXプケプケヘルムα
  • EXプケプケグリーブα・β

一応、EXプケプケヘルムαとEXプケプケグリーブαで毒耐性を3まで付けられます。プケプケ自体そこまで強くないので、適当に狩猟して作っておくのもいいかもしれません。マスターランク基準で選んでいますが、上位装備でも毒耐性防具はあるので、そちらでも構いません。ただ、マスターランク装備の方が少しだけスキルを組みやすいので、おすすめはマスター防具です。

トビカガチ亜種を倒すと受付嬢が・・・

ウケツケジョー

トビカガチ亜種を無事終了すると、ムービーでストーリーが進んでいきます。軽く説明すると、

  1. ハンター&受付嬢にアステラから招集命令が出る
  2. 謎に迫りたい受付嬢が渋る
  3. おばさまが知りたいことは追求しなきゃ損よと受付嬢をそそのかす
  4. 受付嬢、おばさまの提案を受け入れてハンターと離れる

こんな感じです。調査団の任務より、自分の知りたいことを優先する自由人っぷりを発揮します。まぁ、別にいいんですが、今後ドヤ顔で現れられたらちょっとウザい・・・このまま永久離脱でもいいよと内心思っていますが、帰ってきてしまうんですよねぇ。

ある意味、探索者や研究者はこれくらいの気概がないとやっていられないかなと思いますが、ただのトラブルメイカーじゃんって思うと、いいように思ってあげられません。おばさまもおばさまで大概だと思うし・・・。この調査団ってかなりブラックなんじゃと思ってしまいますね。自由な社風が売りなのか・・・。

まとめ

今回は、アイスボーン序盤の最難関モンスターの呼び声高い「トビカガチ亜種」の紹介と、受付嬢&おばさまへの愚痴を紹介しました。ジョー&おばさまは置いておいて、トビカガチ亜種は対策を取らないとやや厳しいモンスターです。

楽に狩猟できる方法も紹介したので、どうしても勝てない方は、装備やスキルを見直してからリベンジしてみてください。

https://amzn.to/3TQiENm